インフォメーションマガジン

長崎ちゃんぽんの紹介

長崎の発祥でありながら、日本全国にちゃんぽんの味を広めている大型ちゃんぽんチェーン店「長崎ちゃんぽん」。

チャーハンはラーメンでなくてちゃんぽんにもぴったりのサイドメニューです。まさに、第2のラーメンとして頭角を現しています。

ラーメンとしてだけではなく、豊富なトッピングの野菜や肉にも注目することができ、そのボリュームはどのような麺類にも追憶を許しません。

今回は、長崎ちゃんぽんのメニューや、作り方について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



長崎ちゃんぽんのメニュー

今回は、長崎ちゃんぽんのおいしいメニューの中から、得におすすめのメニューを3選紹介していきたいと思います。

ひとつは、「野菜たっぷりちゃんぽん」です。

ちゃんぽんの大きな特徴である野菜をふんだんに盛り付け、大きく太い麺からちゃんぽんの良さを存分に引き出すことができている、長崎ちゃんぽんと言えばこのメニューと言えるほどのおすすめメニューです。

その温かさと豊富な野菜の種類は、栄養のバランスはもちろん、産地にもこだわっているおすすめの1品です。

スポンサードリンク


2つ目は「長崎ちゃんぽん」です。

野菜たっぷりちゃんぽんもおすすめですが、ちゃんぽんも非常においしい味を創造されています。

野菜の量は少ないのですが、時間のないときにサクっと食べることができ、さらに味も最高級なので、サクっと食べたとしてもその味を忘れてしまうようなことはありません。

3つ目は「長崎皿うどん」です。

長崎はちゃんぽん以外にも「皿うどん」も非常に有名なので、長崎料理として長崎ちゃんぽんでは皿うどんを提供しています。

パリっパリの麺にたくさんの野菜と山海の具をふんだんにあんかけした皿うどんは、最初は固い麺だけどその後、どんどん柔らかくなる様を贅沢に味わうことができる、長崎ちゃんぽんおすすめの皿うどんとなっています。

また、長崎ちゃんぽんは店舗の地域によって値段がバラバラです。

詳しい値段については、店舗検索で調べてみましょう。

長崎ちゃんぽんは490円~570円程度、長崎皿うどんは500円~570円程度、野菜たっぷりちゃんぽんは約670円程の店舗が多いです。(税抜き)

長崎ちゃんぽんの持ち帰りメニュー

長崎ちゃんぽんはお持ち帰りメニューとして、ドライブスルーでもその味を楽しむことができます。

スポンサードリンク


選べるメニューの種類は店舗で注文するよりもやや少なくなってしまいますが、「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」「野菜たっぷりちゃんぽん」といった定番人気メニューは注文することができます。

ちゃんぽんや皿うどんだけではなく、ぎょうざやチャーハンも頼むことができ、メニューを組み合わせてランチを作ることもできます。

これによって、自宅や外出先でも、長崎ちゃんぽんの味を楽しむことができるので、こうやって長崎の特産の味を伝えています。

長崎ちゃんぽんの作り方(レシピ)

長崎ちゃんぽんでは、冷凍長崎ちゃんぽんを販売されています。

こちらは長崎ちゃんぽんの店舗で購入することができる商品で、この商品さえあれば自宅で長崎ちゃんぽんを食べることができるのです。

スポンサードリンク


作り方は、以下の通りとなります。

①鍋に水を300cc入れ、沸騰させてからスープ、冷凍具、冷凍麺を投入します。

また、入れる順番は「スープ→冷凍具→冷凍麺」という順番で入れることを推奨しています。

②麺をほぐしながら再沸騰させていきます。(おおよそ2分程度)

③麺がほぐれたら、どんぶりに移し替えて出来上がりです。

ここまでの作業時間はおおよそ10分以内なので、非常に簡単に作ることができ、おいしい長崎の味をふんだんに味わうことができるのです。

ぜひ、冷凍長崎ちゃんぽんをたくさん購入しておいて、家族全員に食べさせてあげましょう。

また、中学生くらいの子供に作り方を教えておくと、その子も自然と冷凍長崎ちゃんぽんをたくさん食べ、さらにその味が好きになること間違いなしです。

スポンサードリンク